管理が大変になった場合は、アパート買取を検討することも必要となる

HOME>オススメ情報>売却を進める前に費用や査定の取得方法を知る

売却の際にも登記費用等が必要

アパート

アパートを所有して家賃収入を定期的に得ている人も多いですが、何かと管理が大変なことが多いので、それなりに手間はかかってしまいます。管理している棟数が多くなってくるとその分の負担も無視できるものではないので、必要に応じてアパート買取をしてもらったほうが良いでしょう。アパート買取をお願いする場合には、ある程度の手続き費用を見込んでおくことが必要となるので、事前に把握しておくことが重要です。土地やアパートの建物の所有権移転登記申請手数料や抵当権が付いている場合には、抹消登記手数料などは、契約に応じて売主が負担することもあるでしょう。アパート売却の相手を選ぶ際には、評判などを参考にしてできるだけ優良な不動産業者を見つけておくとトラブルも発生しないでしょう。

売却方法には住戸ごとにする方法もある

住宅模型とお金

アパート買取してもらう場合、不動産業者に買取査定をしてもらうことから始めることになりますが、出来るだけ複数の業者に査定してもらったほうが高い価格で売ることが出来ます。アパート買取をお願いする場合、売却方法には数種類あり、各住戸を個別に売却する方法と、建物一棟を丸ごと売却する方法があります。住戸ごとに売却するほうが、価格が安くなり、流動性が高くなりますが、いろいろな所有者が建物を管理することになるので、管理することが大変になることがあります。大規模な集合住宅には個別住戸ごとの売却が向いていますが、小さい木造アパート買取などは一棟丸ごとの方が良いでしょう。

アパートの査定を依頼する方法

男性

アパート買取のための査定を依頼する方法としては、複数の種類があり、個別に不動産業者にアプローチをして見積もりを取得する方法と、一括査定サービスを利用する方法があります。一括査定であれば、手間をかけずに複数の業者から簡易査定結果を貰うことが出来るので、便利ですが、業者からの営業の電話は多くなります。ある程度は、取引したい業者が決まっているという時には、個別に問い合わせをして見積もりをしたほうが、煩わしさはないでしょう。

広告募集中